HOME > INSTANCE 施行事例 > 田舎暮らしの夢をかなえた国産材のログハウス
田舎の風景にも馴染み、古くからの農家のような懐かしい雰囲気があるT様のご自宅。
庭を囲むように国産檜の母屋と国産杉の倉庫を緩やかな「くの字」に配置しています。
倉庫の内装はセルフビルドされ、元々住んでいた家の建材を一部再利用しています。

中庭を挟んで2棟のログハウスをくの字に配置して建てました。
高さを抑えた平屋のつくりが里山の風景によくなじんでいます。

住まいは檜、別棟の倉庫は杉で建てました。
ユニークなのは薪置き場で、玄関の横に別に扉を設けて薪部屋をつくりました。奥に薪ストーブの脇に通じる扉があり薪の補充にとても便利です。
倉庫の内装はご主人のセルフビルドで、階段の手すりは竹製。ここは奥さんの手芸教室にもなり、近所の仲間と楽しく手芸教室などをされています。

ご主人様の声
国産材への思いも強かったので、「アーキテックの国産材のクオリティの高さが決め手でした」
薪ストーブはログハウスには切り離せないアイテム、薪は近くの山で調達、食料も自家生産だから、「この上ないエコな暮らしをしています」
歴史を感じさせる古いものが好きで、以前の家を解体する際に残していただいたものの使い道を考え中です。

奥様の声
檜に包まれ、毎日がとても過ごしやすく、住んでみて実感する無垢の木の質感、癒しがあります。 薪ストーブのおかげで、エアコンも要りません。
手芸教室の時、ログハウス内で作業していると、つい時が経つのを忘れてしまいます。

延床面積 : 123.18m²
建設地 : 広島県
1F    : 72.36m²
PLAN  : HI-4A + LOFTアレンジ
2F    : 50.82m²
ログ材 : 国産檜 角ログ
テラス  : 15.22m²
※倉庫部分は面積に含みません